桜の花模様のチュニック。 着物の柄を生かした作品が続々。

ボナペティ 久留米 フードドライブ リサイクルバック

3月の『手仕事の日』も
師匠がすてきなチュニックを作ってきました。
古い着物は上質な素材(絹)であるものの
ちょっとしたシミや汚れがあります。
なるべくその部分を避け製作するのですが、
普段に着る分は、それもアップサイクルの醍醐味では?
着物のままだと、タンスの肥やしになるだけだから。
「この柄はどういかしましょう?」」
「触るとなめらかしっとり・・・絹はすごいね」
箱から夏色、夏用素材の着物を引っ張り出して
優先的にほどいていくことに。
そして帯バッグも傍らで縫っていくことに。

すると突然、師匠が
「夫から、もっと高尚な話題ができないの?と言われた」
と言い出しました。ヒエ~もしかして、
このWebサイト読んでくださっているのかしら?夫さん。
確かに赤裸々に活動の報告をしているので、
ゆめタウンウォーキングや
イケメンがいるリハビリ病院の話題など、
昔乙女の下世話なトーク炸裂の『手仕事の日』ではあります。
「ん?高尚な話題…ウクライナとか政治問題かしらね?」
工場長があらたまって話題を振るも
あっという間に別方向へ。ごめんなさい。ムリダ~

時々、それぞれの夫の習性、生態分析も交えながら、
軽い話題はつきません…。
手も口も頭もフル回転で過ごすこのひとときは
私たちにとってかけがえのない高尚な時間。
愉快な話題は続く…どこまでも。
それは、元気の秘訣でもあります。
生きることはしゃべること…。
機が熟したら、哲学的な話題に取り組む???かも
乞うご期待!

次回は4月26日(火)10時~15時を予定しています。
興味がある方は連絡ください。

ボナペティ 久留米 フードドライブ リサイクルバック