ボナペティの活動概要

めしあがれ

ストップ!子どもの食と心の貧困

『ボナペティ』とは、フランス語で「召し上がれ」という意味です。
2014年6月より「子どもの貧困」について月1回の勉強会を開始しました。日本では、7人に1人の子どもが貧困だと報告されています。同年10月から毎月「家に帰ってもごはんがない」というひとり親家庭の受験生を対象にした無料塾へ、おにぎりの差し入れを行っています。また、2015年3月から長期休暇期間に学童保育所などで調理をする「おとなとこどものひるごはん」を実施。同年11月からフードドライブを、2018年6月から「ぎおんさんの森食堂」を毎月開催しています。
子どもたちの笑顔が減っていく原因の一つに、「食べること」の問題が考えられます。私たちは、孤立しがちな子どもたちに寄り添い、自己肯定感や幸福感を持ち、心の中に平和のとりでが築ける大人に育って欲しいと願い活動しています。

活動概要

活動団体名 ボナペティ
所在地 〒839-0842  福岡県久留米市御井朝妻1丁目11-21 カーサ・エスメラルダB棟101号
TEL 090-2096-3741(田町)
mail bona.kurume@gmail.com
活動開始 2014年4月
役員 会長 佐藤あい子
副会長 古賀和子
副会長 田中ちえみ
副会長 川津麻里
事務局長 田町菜穂子
活動内容
  • 無料塾の子どもたちへ毎月2回、おにぎりの差し入れ(おにぎり隊)
  • 学童保育所等の子どもと長期休暇中に調理会(おとなとこどものひるごはん)
  • 毎月2回・各家庭に眠る食材を集め、困窮家庭へお届け(フード・ドライブ)
  • 多世代食堂(ぎおんさんの森食堂)
  • 古布、着物などを再生した商品を生み出す(手仕事の日)

実績報告

2018年実績報告.pdf(247㎅)