『もったいないをありがとうへ』3月の手仕事の日

ボナペティ 久留米 フードドライブ こども食堂

『もったいないをありがとうへ』
3月の手仕事の日、師匠に指導を受けて作り出した帯のバッグ。
3月の手仕事の日に完成品をそれぞれ持参しました。

「同じ帯で作ったのに、イメージが違う!」
「ポケットの位置は、改良の余地ありね」
相変わらず、ワイワイ言いながら新作へ挑戦を。
コトコトミシンを動かしながら、
師匠から布の買い付けに東京や関西へ行き、
その品揃えのスゴさに圧倒されたという話を聞きました。
いつか行ってみたい。
「この帯の薄さだったら、厚手の裏地がいいかも」
東京の卸店と比べるとだんぜん少ないボナルームの布。

それでもベストチョイスができ、愉快な仲間と楽しい時間が過ごせます。
世界にたった1つのバッグの取っ手を買い出しに行く予定です。
生まれ変わった帯が活躍できるように販路を広げたいと思います。
興味がある方はメールをクダサイ。

ボナペティ 久留米 フードドライブ こども食堂